観覧席(指定席,自由席,当日席) 2010 | 長岡の花火(長岡まつり大花火大会)楽しみ方ガイド

観覧席(指定席,自由席,当日席) 2010

2010年の長岡まつり大花火大会の観覧席は、信濃川の左岸・右岸両方に用意されます。
観覧席は、大きく分けて以下の5種類になっています。

  • 無料席
  • ・入場時間:14:00~

  • 有料自由席
  • ・料金:1,500円
    ・入場時間:17:00~

    有料自由席とはいえ場所取りが必要なので、良い場所で花火を見るには数時間前から並ぶ必要があります。
    エリア内では、レジャーシートなどを敷いて花火を観覧することができます。

  • 有料指定席
  • ・料金:2,500円~
    ・入場時間:15:00~

    左岸(長岡インター側)に陸上競技場スタンド席イス席マス席(テニスコート)・団体席が、そして右岸(長岡駅側)に指定席サジキ席があります。
    ちなみに、それぞれの席で料金は異なっています。

  • 身体障害者観覧用駐車場
  • ・料金:1,000円/1台

    障害者席は有料指定席の1種で、左岸と右岸にそれぞれ40席用意されています。

    障害者席は、身体障害者手帳を持っている方とその方を介助をするために同乗する方だけが利用できます。
    障害者席とはいえ実際には席があるわけではなく、車の中やその周辺で花火を観覧することになります。

  • 当日限定有料席
  • ・料金:1,500円
    ・販売開始時間:14:30
    ・入場時間:14:30~

    当日限定有料席は、花火大会当日の午後2時30分からチケットの販売が開始されます。
    販売場所は、信濃川左岸108ゲート下にある「有料観覧席総合販売所」です。

    当日限定有料席の場所は、左岸の大手大橋西と長生橋西にあります。
    事前に購入する有料自由席とは場所が異なりますので、その点お間違いなく。

    2010年は花火大会の開催日が平日ではありますが、当日限定有料席を狙っている方は油断せずに早めに有料観覧席総合販売所に並ぶように心がけましょう。

なお、こうした観覧場所全般の特徴や穴場スポット情報は別記事「観覧場所と穴場スポット」で取り上げます。

次へ »

« 前へ